資産運用を上手に行うためには不動産投資は非常に効果的です


Finance

投資をするために

投資マンションを購入する場合

不動産投資の中でも投資マンションはハイリスクハイリターンとして知られています。 投資マンションを購入する場合、投資家として一番気にしなければならないのは、収益物件として収益を上げてくれるかということです。 そこで、できるだけ収益性のある物件を探しますが、条件の良い物件はやはり投資額がべらぼうに高いのです。 これに対して30年一括借り上げという制度があります。これは、保証会社が新築の投資マンションの家賃を保証しようというものです。これによって投資家の負担を減らし、マンションを買いやすくするのが目的です。 30年一括借り上げの制度は一見投資家にとっては都合がよいものに見えるため注目をされていますが、意外にも投資家にとっては厳しい条件なのです。

30年一括借り上げというのは、新築の投資マンションの家賃を30年間保証会社が保証してくれるというものです。 ですが、肝心の家賃の金額については保証をしてくれません。例えば新築の時の家賃が15万円だった場合、15万円を30年間保証してくれるというのであれば話は別ですが、どの保証会社もだいたい2年おきに家賃の改定があります。この場合、当然その家賃の保証額は下がっていきます。 また、定期的に保証会社と契約をした業者とマンションの修繕をすることも契約内容に含まれています。当然、この場合は投資家が探してきた業者に比べると割高になってしまうのです。 このように、時間が経てば経つほど空室が続けば、投資家にとっては不利になってきます。できるだけ短期で空室をなくせる物件を探しましょう。